男子面接をする際の服装は第一印象に大きく影響しています。これは中学受験に限ったことではありませんが、中学受験の場合には保護者とお子様の両方の服を考えなくてはならないことが何を着れば良いのかを悩ませる要因のひとつ。多くの学校では面接時の服装は合否に関係ないとしていますが、不合格の原因になるかもしれない不安な要素はなるべくなくしたいですね。お子様が頑張って勉強をして学力試験で優秀な成績を修めても場違いな格好をしていたために不合格となってしまっては悲しいものです。身近に同じ中学を受験して合格した先輩がいれば経験した情報を聞いてアドバイスを受けることができますが、男子と女子でも服装のルールは異なるで注意が必要。特に男子の場合にはTシャツやジャージのようにカジュアルな服を普段着にしていることが多いですが、面接時にはカジュアルすぎる装いは避けるのが無難とされています。具体的には白いシャツに紺色のブレザーやジャケット、黒いローファーのように落ち着いたスタイルがオーソドックスです。しかし、息子さんが好む服や似合う服には個性が出ますので、学校側にお子様の個性をアピールするためにオーソドックスで無難なスタイルではなく、あえてカジュアルなものや個性的なものを選択することも可能。また、シャツにブレザーやジャケットではなくカーディガンやセーターを合わせるように、少しカジュアルな要素を入れることも多いようです。また、保護者も紺色のスーツに高すぎないヒールなどの落ち着いたフォーマルな装いが一般的とされています。