受験愛知県内には、中学受験の対象となる約20近くの私立中学があります。男子校が4校、女子校が5校、そして共学校が約10校というのがその内訳です。名古屋市内の中学生は、これらの学校を受験しますが、岐阜県に近いエリアの児童は、岐阜県内の私立中を受験することもあります。
近年の受験情報データによると、受験倍率は各校により大きく開きがあるのが特徴です。受験倍率が1倍以下のところもあれば、9倍に近いところもあります。児童数の減少に反比例して、中学受験を希望する児童数は近年増加傾向にあるため、人気の高い難関校を希望する場合は、早期からしっかりした準備が求められます。
全国模試や愛知県内の学習塾が参加している共同模試を受験することで、自分の偏差値を知ることができます。難関校への合格の目安となる偏差値は、60から65の間と算出されています。ただし、募集定員が少ない中学や受験希望者が少ない中学については、受験生のデータが不足しており、正確な数字を求めるのが難しい状況です。
ある年に受験希望者が多く、合格ラインが高くなったために、翌年にはそれを嫌って別の中学校を志願する児童もいるため、ボーダーラインは年々変化していくことも珍しくありません。正確な状況を把握するには、地域に受験事情に詳しい塾や教師から、その年の受験受験情報を入手することが大切です。
お隣の岐阜県には3つの私立中があり、名古屋にくらべると志願者数が少ないため、受験生に有利です。