テスト親のとって子供の教育についてはいろいろと、悩みも多いです。将来子供に学歴をつけてほしいと願い、首都圏では中学受験をするご家庭ありますが、小学生にとって中学受験をするということはそんなに簡単ではないです。それは小学生というまだ子供がやるにはあまりにも過酷だということと、国語、算数、理科、社会の4教科を学びますがどれも広範囲だということと、難易度が高いので、勉強するのがとても大変だからです。中学受験の志望校には男子校、女子校、共学校とありますが、偏差値の比較をみても男子校だから特別に高いとか、共学だから低いということはないです。志望校を決定するポイントは模試やテストの偏差値できめていくことが多いです。コツコツ型の女性の場合は、模試の結果や合判の一覧表できめていくことが多いですが男子の場合はそれも重要ですが、それだけではないポイントというのがあります。というのも男の子の中にはそれまでずっとゲームや漫画三昧で遊びほうけていて、偏差値の悪い子であっても小6くらいから突然スイッチがはいって爆発的な集中力で合格をさらっていく子もまれにいます。それは志望校にどうしても入りたいという気持ちが高まって突然スイッチがはいる子がいます。それは女子のような繊細な子というよりも単純な男の子に多いです。入試を振り返ってみると、クラスに一人か二人の男の子で、奇跡を起こした子というのはいるものです。
そのためにも、家庭のサポートというのは大切なのです。