ノート中学受験の準備は3年くらいかけるのが一般的です。小学生はまだ、受験というものを良く理解してない子どもも多く、保護者も一緒になって頑張りぬくことが必要なものでもあります。長い子育ての中でもかなり濃い子育て期間といえるはずです。
特に小学校高学年の男子は、女子に比べて幼いことが多く、日々の学習を継続させること、塾に通うこと、目標に向かっていくこと、いろいろな我慢をしなくてはいけない生活が深く理解できずに、親と衝突したり、逆に自分の中にため込んでしまうこともあります。遊びたい盛りの時期に、勉強へのやる気がなくなってしまうこともあります。親は、ついいろいろと小言を言ってしまいがちですが、それは逆効果になってしまうこともあるので、ここは、やる気がない事が出ても当然と思って大きく見ることが大切です。そして、そんな時は少し休ませること、楽しいことをさせることでまた前向きになることができるものです。
また、男子は単純なところがあり、褒められることでその気になり、何よりものやる気につながるものなので、少しでも成績が上がったとき、勉強を頑張っているときなど、少し大げさに褒めると益々前向きに頑張るというようなことが多く見られます。日経の中学受験サイトで様々な情報や教育についての情報が記載されているので、参考にするのも良い方法です。
入試当日まで、家族一丸になって戦うのが中学受験です。入試に対応できる学習力を身に着けるのはもちろん、精神面での安心感、一体感は家族だからこそできる最大のサポートなのです。