自分の子の教育については、どのご家庭ではとても悩みが多いですが、首都圏や関西圏では男の子でも女の子でも、将来学歴をつけてほしいと中学受験をさせて人気校や名門校へ進学させるご家庭が多い時代となっています。
ただ、小学生にとって中学受験はそんなに安易なことではありません。
受験勉強
科目は国語と算数、理科、社会の4教科を勉強するのですが、どれも難易度がとても高いということと、広い範囲をしっかりと学習していくというのも大変です。
さらに受験につきものなのが学力の目安となる偏差値です。
模試やテストのたびに自分の順位や偏差値にさらされるのはかなりのプレッシャーです。
しかもその結果によって、入試動向や倍率を考慮しながら志望校をきめていくことになるので、小学生が受ける精神的なストレスは相当なものです。
その中で学校選びに欠かせないのが、学園祭や文化祭といった学校行事に足を運んでみることです。
小学6年ともなると生徒自身がとても忙しいので行くことはできませんが、その前年には行けるようにしっかりと見る必要があります。
学校生活や雰囲気をみることで、ここに入りたいというモチベーションが上がる傾向にあります。
これがかなり気持ちを上げるポイントになります。
入試校の中には私立学校や大学付属校、また中高一貫校など色々なタイプの中学があり、共学もあれば別学の学校もあり様々です。
特に御三家と呼ばれる難関校や伝統校など人気トップ校に合格するには、子どものモチベーションがあるかないかが大きく影響します。
とくに男子はそれまでゲームばかりやっていた男子でも、気持が固まれば爆発的は集中力を発揮できる子もいます。
女子のようにコツコツ型ではないですが、集中力を一気に発揮できる子もいるので、いわゆる入試で化けるがいるといわれる由縁です。
そのためにも試験本番まで家庭で受験のサポートをしていくことが大切です。
学習面や生活面だけでなく、決して子供を追い込まないようにして精神的なケアを行うことも親の役目です。